犬と暮らす上での一番大切な要素は「犬のしつけ」

犬と暮らす上での一番大切な要素は、「犬のしつけ」になります。犬の飼い方そのものは、基本的に食事と水さえあれば犬は生きていけます。犬の生命力はとても強く、水がなくても食料がなくても、人間の4倍長く生命を維持できます。

暑さには若干弱いですが、寒さにもとても強く、人間が過酷だと思う状況でも犬は難なく生きていけます。野良犬達が必死に生き残っているのを見ればそれも納得できます。

ですから、犬の健康も当然留意しなければいけませんが、それよりも人間と暮らしていく上でのルールの教え・・その「犬のしつけ」が最も重要になります。

そしてその「犬のしつけ」が一筋縄ではいきません。大変苦労しますし、幼少期の子犬の社会化やしつけがいかに犬と暮らしていくかに大きく関わるのに、多くの飼い主さんは、犬のしつけの重要性に気が付かないんですね。

そして問題行動が深刻になってはじめて自分と家族の過ちに気付くし、中にはそれでも気付かず「犬が悪い」などと言い訳をする犬の飼い主さんもいます。

犬のしつけは何歳でも出来ますが、柔軟な時期は生後半年までなんです。人間で言う人格が出来上がってしまうと、犬はしつけや飼い主の教えを素直に吸収できない、他人や他の犬に適応できないのです。

今子犬と暮らしている・・これから子犬を迎える方は、犬のしつけを絶対に忘れてはなりません。


 
犬のしつけを学べるサイト!トイプードルの飼い方・育て方・しつけ方の解説 犬のしつけ噛む場合の対処法!
皆さんも犬のしつけ頑張ってください・・