犬の分離不安症は基本的には行動療法で治していきます。分離不安症は、飼い主さんに対して精神的依存度の強い犬がかかりやすいので、精神的依存度を低くしていくことからスタートします。

薬物療法では、精神安定剤や鎮静剤を用いたり、また最近では、犬専用の分離不安治療薬も開発されました。

行動療法でもある程度治療は可能ですが、薬物療法も上手に活用するとさらに効果があがります。かかりつけの獣医によく相談してください。

分離不安症は、実は犬ではなく飼い主さんがかかっているのかもしれません。子離れできない親と似ています。時には自分の犬との接し方も見直さないといけません。
犬のしつけで噛む場合の対処法の解説 トイプードル犬のしつけ
犬のしつけや生活の話 ケセラセラ ダックス トイプードルの飼い方・育て方・しつけを解説しているサイト

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.